【名駅グルメ】新幹線 名古屋駅「住よし」〜 コロナ禍からの営業再開(6/19-)

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

新幹線の名古屋駅のホームといえば、きしめん「住よし」

その住よしが営業を再開したと、扉に書いてある。

住よし

◼️食べログ

コロナ対策で、ソーシャルディスタンスについて券売機にも触れられている。

店内

店内もアクリル板で仕切られていて、通常よりも店内に入れない。

人がまだ少なめだからか、お休みで少しペースを戻しているのか、いつものテキパキ感よりもまったりした感じ。

今回、初めてカレーきしめん(640円)を頼んでみる。

目の前で、レトルトのカレーが封を切られ、器に入れられるプロセスが明確な調理風景。

カレーうどんを食べることはあっても、カレーきしめんはなかなか食べる機会がないけれど、きしめんもなかなかだった。

カレーきしめんだったので、エプロンもいただけて、ツユが飛ぶことを気にしなくて、新幹線の立ち食いではあるけれど、気遣いがうれしい。

名古屋駅に降り立つと、惹かれるきしめん「住よし」

久々に名古屋に来たついでに食べると、やはり満足感があるお店。
早く通常のカウンター営業ができることを祈りつつ、みなさんの名古屋出張などのご参考に。

◼️合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。