【神泉グルメ】こだわりラーメン 「麺の坊 砦(とりで)」|限定のつけ麺、3度美味しい。オリジナル、焼き石、割り

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

人気店なのは以前から知っていた神泉にある「麺の坊 砦(とりで)」
とあるTV番組でコロナの影響を取材されていたのをみて、ぶらり訪れてみることに。

麺の坊 砦

■食べログ

京王井の頭線 神泉駅から3分ほど、渋谷からは15分前後のところにお店。

普段はAM3時までの営業ですが、
コロナの今は営業時間22時がL.O

店内

厨房に面するカウンター席

その前に10名ほどのテーブル席
今だからいくつかの席ごとに敷居が設けられている。

カウンターにゴマや胡椒の薬味
酢、餃子のタレ、ラーメン タレ。

紅生姜、高菜、にんにく

特に、生のニンニクを絞れるのはうれしい

ラー油と一味

MENU

博多を連想させる麺の硬さが選べる。
粉落としからばりやわまで。

つけ麺

和だしつけ麺(900円)、ゆず辛つけ麺(1050円)
それぞれ1日50食限定。

普通盛り200g、大盛り350gだったり、
トッピングを加えた海老ワンタン、チャーシュー増

らあめん

オリジナルの豚骨の砦らあめん(750円)から肉もやしらあめん(900円)、のりと半熟玉子(1,050円)

こちらは、細麺(1mm)、太麺(2mm)の自家製麺を選べる

一口餃子10個入り(560円)やおつまみの品。

ごはん系のふっくらご飯、おむすびなど。

DRINK

生ビール(550円)、ハイボール、サワーなど。

裏面は、自家製麺のこだわりが記されている。
日々、気温、湿度によって配合、加水率を調整しているこだわり。

らあめん

砦らあめん(750円)
大将一押しの「カタめん」でお願いしてみて正解。

ジューシーなチャーシューに九条ネギが奥に見える

和だしつけ麺 大盛り(1,000円)

チャーシューに、絶妙な味わいの煮卵にすだち

おつまみに頼んだ一口餃子(560円)

ラーメンの合間にパクッと食べたくなるひと口サイズ

焼き石

つけ麺は、何やら「焼き石」を入れて、さらに楽しめるということだったので、お願いする。

店員さんが席で焼き石を入れてくださる。
こちらを動画で・・・。

そして、しばらく紙袋の中でグツグツと。

焼き石を入れて、
スープも、器もアツアツになり、違う味わいのつけ麺に。

最後に、扇風機の下にあるスープストックから出汁を付け加えていただく。

だしを追加されたスープ。
またまた、ふわっと魚介の鰹節やアジなどの風味が広がる驚きの締め。

人気店というと回転をよくするために券売機でサクッと食べて、回転率を上げる印象があるけれど、長居したくなるラーメン屋だからこそ、普通のお店のように最後にお会計するシステム。

テイクアウトもされていて、冷凍を中心にサービス展開されています。

この日は、お昼過ぎだったので、ビールを一杯飲んでも、つけ麺とらあめんと餃子と3000円ほどのお会計。

人気店なのが分かりますし、男性だと飲み会の後の締めなどに訪れたくなるお店かと思います。
神泉エリアのご参考に。。。

■合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。