振り返るとわかる自分の軌跡|役員が開催しくれる慰労会

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

半年以上取り組んでいた会社の合理化に向けた取り組みがやっと成果が出ることになり、役員が慰労会を開催してくれるという。

慰労?

この記事にも触れたけれど、最近、やっていることは変わらないので、「向かい風」だった環境が、「あれれ?」と思うほど、「追い風」の爽風が吹いて来た変化が。

そんな役員が、「明日か明後日空いてますか?」と、
慰労会をしましょう。

半年コツコツと、数々の役員クラス、本部長への報告、
関連部門への協力要請は数限りなく・・・。

確かに、振り返ると、よく挫折せず、誰かのせいにもすることなく、目標を見失わずに推進できたな・・・と思う。

お世話になってるコンサルの方は、
「この数々がエミリアさんの社内調整の成果だと思うと、感慨が・・・。」と言ってもらえた。

振り返ると

目の前の毎日では、「また上手くいかなかった」、「こう来たか?」と前進したと思ったら頓挫しての繰り返し。

「結果」として成果が出ないと、自分も振り返らない。

今回の成果は、合わせて4億円程度。
これまでは、年間数百億円の利益を出す商品を担当していたので、
そのような日の当たる部署から、管理部門の日陰の存在で金額もそれに比較するとコツコツレベル。

なので、こういう区切りに成果を理解してもらえると、数ヶ月が報われた気分。

目標を見失わない

慰労会でご馳走してもらって、活力をもらい。
また、次のプロジェクトがしっかりと成果を出せるように上を向いて、一歩一歩、歩を進めて行こうと。

みなさんも、上手くいかないこと、思い通りにいかないことは日常的にあると思いますが、自分の目標を見失わないでくださいね。

■合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。