「山田さん?」と街で。

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

みなさん、春ですね。
冬は、コートにマスクに、人の判断がつきにくですが、春になり、少し身も軽くなると、気分も軽くなりますよね?

緊急事態宣言下ではありますが、ほぼ出社の毎日になっていると人ごみに紛れて通勤をする。

数日前の帰宅途中のこと。

退社

ターミナル駅を通過して、最寄りの路線に乗り換える途中、

「山田さん?」という声が聞こえる。

私は、「山田」という苗字ではないので、そのまま歩を進める。

そうしても、「山田さん?」という声は、逆に近づいてくる。

さらに、自分の真横にまで来て「山田さん(ですよね)?」と近寄ってくる男性。

人違い

マスクもしているので、人違いも起こりやすいのだと思うけれど、あそこまで何度も言われると・・・

「よっぽど似ていたのかしら?」と思う。
年に1,2度ほどだけれど、このように確信を持って人違いされる。

なんなんでしょうね?
みなさんもそんなことはあるのでしょうか?

そんな桜が開花した春の日に、思うことを。。

■合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。