解禁直前、インターン生に5つのアドバイス 〜「運命の会社にあと少しで出会える!」


こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

先日、インターンシップの受け入れを終了したばかり。

事務系としてはじめて受け入れた夏の学生たち5名。
そのうちの4名が来社してくれる。

解禁前

3/1からから解禁になり、本格スタートする就活。
その直前の2月下旬に時間を取ってほしいというので、
志望動機なども固まっているのかと思いきや・・・

まだまだ、本命も含めて絞りきれてないようだった。

就活の5つのアドバイス

わたしは、うちの会社に「囲いこむ」というよりも、

彼、彼女が入りたい会社に入ることが一番だと思っている。

なので、直前ということもあり、かなりテクニック的(全社に通じる)なアドバイスをする。

◼️ 採用試験の5つのアドバイス

① エントリーシートは文字数を埋めるのではなく、文字数に応じて、しっかりポイントつめこむ。

400字や800字しか、自分を表せないんんだと思うこと。
(長いと思わない・・・)

② 面接対応として、動画で自分のしぐさや身ぶりてぶりのクセをつかむ。

先日のインターン生をみていても、意外にみんな自分の癖は気づいていないもの。
効果的なジェスチャーを。

③「御社」じゃなきゃいけない理由を創業者の本などのエピソードと絡める。

大半の学生は、全社共通ともとられる「志望動機」、そこで「ぐっと」掴む工夫を。

④ 自分を繕わない。自然体で面接はのぞむ。

「自然体」をこころがける、ただし、最大限伝わる努力は惜しまないこと!

⑤「あと3ヶ月以内に運命の会社に出会える」と思って、ワクワクしながら就活を。

よくも悪くも、数ヶ月決着がつく就活。
彼氏、彼女ができるみたいに、運命の相手(会社)に出会えるプロセスを楽しみましょう!

アイデア

準備ができていない不安

4人とも、3/1が迫っているのに、
「まだ準備が十分でなくて・・・」

と不安げに語っていた。

最後のポイントの

「運命の会社に3カ月で出会えると思うとワクワクしない?」

というと、「たしかに!」と目がキラキラしていた。

就活はそのような感じで取り組んだ方が案外うまくいくと思う。

夫婦

夫婦生活と同じで、ご縁があれば、勝手に引き寄せられるし、
自分を取り作って、その前提で入社すれば、不幸の始まりだと思うし。

頭をもたげる・・・

本格スタートする就活に不安な彼らとは、別に、
頭をもたげている私。。。

週末の会社説明会の自分の「キャリア」と「仕事の紹介」などをする資料が手についていない。

今夜は、出張先のホテルで資料作成。。。

◼️ 関連記事

学生のみなさんはわからないと思いますが、こうやって社会人は仕事の合間に、
採用活動の協力をしているんですよー。(ひとりごとww )

この記事を読んでいる大学3年生のみなさんへ、
みなさんの就活が実り多いものになりますように。。。

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

バリキャリ・アラフォー女子。

一部上場企業に勤め、2度の駐在経験の後、いまはメーカーでいわゆる花形と言われる商品企画を担当しています。

昨日より、今日、今日より明日、そんな毎日を過ごしたいと思っています。

詳しいプロフィールはこちらから。