【新富町ランチ】「鮨 石島」 〜 絶対行きたいおすすめのお店

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

新型コロナが落ち着いた暁には、絶対訪れてほしいおすすめのお寿司屋さんのランチ。

夜は、予算3万ほどの本格店の充実したランチが、
何とランチは1500円(税抜き)で!

鮨 石島


■食べログ

ランチ時間、列がお店の前に。

ランチのメニューは、
シンプルでこちらに。

・にぎり   1650円(税込)
・ばらちらし 1650円(税込)
・おまかせ  4400円(税込)

店内

店内は大将との距離も近い、

カウンター席。

ランチでも御膳があり、しっかりとしたサービス。

お茶が運ばれてくる。

お昼から飲みながら・・・というお客さんの組も何組か。
そういう使い方もできるお店のようです。

料理

にぎりをお願いすると、
目の前に器を出していただく。

気軽に訪れるお店とは思えない空気が広がる店内。

握り

まずは、
しっとりとして、口の中に広がる。

これからの握りも期待できる。

目の前の握る空間も楽しめる。

ついで、ひらまさ

お味噌汁
ごろっとした食感のあるきのこと風味のある味噌汁が癒される。

肉厚のホタテ

山形のだし
お口直しのように、サクサクとした食感が美味しい。

私のように「だし」をご存知ない方のために↓

函館の真いか

光沢のある

美しいアジ
薬味がアクセントに。

玉子
包丁の切り口の仕事が美しい。

穴子
最後は口の中に広がる柔らかい穴子で、
満足感のあるランチ。

ばらちらし

ばらちらし

器を開けると、

卵の黄色が豪華に見える

お店の中には、お札や、

鷲神社の熊手などがある江戸を感じるお店。

まとめ

いかがでしょうか?
このクオリティーで1500円のお寿司のランチが食べれるなんて、本当におすすめです。

次回は、4000円のおすすめコースを頼みたいと周囲のお客さんの満足の空間にいると感じるのでした。

みなさんも、自粛生活が終えた暁に、ぜひ、訪れてみてください。

■合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。