【吉祥寺グルメ】井の頭公園 大衆居酒屋『いせや総本店』|煙がもくもくの子連れでもゆったりできるお店

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

季節のいい週末に吉祥寺へ出かけて、お昼を食べて少し立って、井の頭公園から吉祥寺駅に戻るところに、もくもくと煙が立っているお店があり、気になる「いせや」の赤提灯。

煙と匂いに吸い寄せられる。

いせや総本店

■食べログ

覗くと15時くらいだったけれど、お客様でいっぱい。

1Fの店内、カウンターとテーブル席

店内

1Fは満席だったので、2Fへ。

2Fへの階段を上がると、
お座敷のみかと思うと落ち着けるテーブル席も。

2Fのお座敷へは、手前にあるところで、スーパーの袋のようなものを手に、靴を入れ、席へ。

お座敷

2Fのお座敷はこのような感じです。

MENU

DRINK

FOOD

焼き鳥は1本90円という破格のお値段。

壁には「本日のお楽しみ品」など。

大衆的なお店なのに、
落ち着くおしぼり。

料理

週末のお昼の生ビール(500円)

本日のおすすめの品だった鯵のなめろう(480円)
大きな海苔とともに。

モツの煮込み(360円)

1本90円という人気店なのがうなづける価格設定。
シロぼんじり(各2本から)

そして、熱燗「大関」で締める。
大徳利(600円)

まとめ

人気エリアの吉祥寺、いろんなグルメがあるので、迷うかと思いますが、焼き鳥のお値段も落ち着く雰囲気もなかなかの満足度のお店です。

この日のお会計は2500円ほど。
軽くだと1人1000円と少しでも十分楽しめるかと思いますし、串を頼みながら、色々会話も楽しめるお店かと。

お子様ずれのご家族やママ友の会のようなグループもあり、いろんな用途で使えるお店のようです。
吉祥寺へお出かけの際のご参考に・・・。

■合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。