【吉祥寺】都立 井の頭恩賜公園|行楽シーズン、アヒル等のスワンボート場

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

紅葉や桜のシーズンになると観光スポットとして注目される井の頭公園。

週末のお天気が良かったので、ふらっと吉祥寺に出かけることに。
お昼は人気店の「里の宿」でお魚をいただき、井の頭公園へ。

井の頭恩賜公園

井の頭公園は、1917(大正6)年5月1日に日本で最初の郊外公園として開園。
2017年に開園100周年を迎えた歴史ある公園。

ボート乗り場

■ボート場 公式HP

流石の秋、長蛇の列。

料金:

ローボート(700円 /60分以内)
サイクルボート(600円 /30分)
スワンボート(700円 /30分)

それぞれの超過料金体系

利用時間は時期によって異なるので、HP等でご確認ください。

今回、並んでまでは・・・と諦めましたが、池をぐるっと外側からボートを楽しむことに。。

ボート乗り場の先には、このように手漕ぎボートなどが待機している。

ボート乗り場付近はスワンボートの存在感。

池一面は、

結構な渋滞になっていました。

コロナで自粛していた期間も長く、
このように外のアクティビティが自然と試してみたくなるのかと。

弁財天

公園の中にある弁財天。

存在感のある真っ黒なカラス。

まとめ

季節のいいタイミングで数年ぶりに訪れた井の頭公園。

思った以上の人出でしたが、
落ち着いて、のんびりできるスポットもあり、
日射しが「生」を感じ、エネルギーをいただける井の頭公園でした。

コロナ禍で内に、内にこもる期間があったからこそ、
空、緑、水の息吹を感じられる井の頭公園は、やはりいいですね。

ボートなど、ご参考になれば・・・。

■合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。