カウンセリング・セッションの感想|母親との関係を見つめたり、アラフィフの恋だったり

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

モニターコーチングセッションを募集していると以前から知っている方も初めて申し込んでいただいたりすることも。

通常のセッション

通常のセッションはゆったりと90分ほどかけて、ゆっくりと現状や悩みの相談だったり、ときほぐしながらカウンセリングを行っていく。

今回のモニターセッションは、30分と限られた時間なので、深い部分まで入れるかは、私自身手探りでの実施。

試行錯誤中ではありますが、みなさん悩みやなりたい自分へのメッセージを受け取っていただいたようです。
それぞれの感想は↓の記事をご確認ください。

感想

Tさん(アラフィフ 女性

1.セッションはいかがでしたか?全体の感想をお知らせ下さい。

とてもリラックスして臨めました。
質問されている以外のこともつい話してしまい…話を聞いてくれる人が必要だったんだな〜
よいタイミングで声をかけてもらったな〜と思っています。

2.セッションで、2021年に向けて、よりよくするヒントや気づきはありましたか?

ありのままの自分を受け入れて、もっと素直に愛を受け入れられる自分でいたいと思いました。
母親との関係にも引きずられすぎないように。

3.セッションを受けて、2021年に向け、どのようにしていきたいですか?

彼と実際に会える時間が増えるよう、どんな方法があるか具体的に考えたいです。
〇〇に来てもらったり、●●でのワークショップに参加したり、日本で会ったり。
今度は2人だけで飲みに行きたいね〜という話もしていたので、それが実現するように…!

継続セッション

この方のセッションの入り口は「仕事・キャリア」の来年チャレンジがきっかけで、申し込んでいただいたご縁。

けれど、カウンセリングをしていくうちに、浮かび上がってきたご自身の内面、それは、お母様(母親)との関係性だったり、恋愛のことであったり。

人はいかに日々時間に追われて、自分に向き合う時間と余裕がないことがわかる。
(これは私に置き換えても、複数の仕事に追われるときなど、しばしば陥ることですが。)

自分と向き合いたいけれど、向き合えない。

それは現実ではあるけれど、せっかくの転換期の2021年、スタートを切る前に見つめ直す時間を持つことは重要かと思います。

Tさんとは、1年前にばったりお会いした時も「ぜひ、モニターに」と言ってもらったんですが、
なんとなく予定が合わずに帰国され、流れてしまい。
ちょうど、モニターを募集している時にお声をかけたら、即答で「ぜひ」と回答いただいたり。

つくづく「タイミングってあるなー」と、思うのです。

そして、自分の心を揺さぶったセッションでもある。

それはリモートのその先にある景色。
欧州の景色が後ろの窓から広がる。

私自身、今年は海外に出かけられない2020年だったので、
海外在住のTさんとセッションをした際の後ろの背景に癒され、
海外に行きたいという思いを抑えている自分に気づきました。

リモートで、いつでも、どこでも繋がれる今はいいなー、
とカウンセリングの時間にほっこりとした空気を届けていただきました。

みなさんは、大きな変革期の2021年に向けて準備は整っていますか?

◼️合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。