【ロトルア観光】NZ北島 観光スポット「WAI-O-TAPU Thermal Wonderland」②

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

ニュージーランドの観光地ロトルアのワイオタプ・サーマル・ワンダーランドの後半の記事。

間欠泉、マッド・プールのあとに、また、WAI-O-TAPU Thermal Wonderlandに戻ってくる。

売店

ふたたび、入り口の売店。
ドリンクの品揃え。

カフェモカを手に取る。

お昼時ということで、レジには列ができている。

カフェのコーナー。

WALK2&3

朝45分弱かけて、WALK1(赤いライン)を回ったので、
つづいて、WALK2と3に行く。

Waiotapu

この記事のつづき。

WALK2

WALK2に行くには、同じようにWALK1を通って。

テラスがあるという案内。

テラスから見えるのは、
こんな風景。

このようなニュージーランドらしい彫刻がポイント、ポイントで。

野鳥の説明パネル。

9. Panoramic View

パノラマの眺め。

緑色の水のナガコロ湖。

ルートに沿って、
階段をおりていく。

10. Te Rereads Arai Marena

テ・レレ・アーライ・マーレナ。
シンター大地の終点。

テ・ワイアリキ・オ・マフィカからの流れにより、
一部色彩を帯びている。

WALK3

Waiotapu

一番奥のWALK3へ。

岩肌。

このよう岩壁をとおり、

水が流れているところをとおり、ポイントへ。

17. Puke Whanariki

大きな蟻塚のようにみえる硫黄の泥岩。

16. Native Bush Walk

エコー湖とパパ・ウェラを繋ぐ谷を下るウォーキング。

標識にそって進む。

ナガコロ湖に向かう。

15. Pura o Ngakoro

分かれ道。

デッキがあり、

緑の水が見える。

ここがルートの最後。

湖沿いを歩く。

分かれ道に戻り、

滝(WATERFALL)に。

14. Rua Whanariki

ルア・ワーナーリキ。

張り出した崖の隠れ場のように結晶化している。

13. Te Puna Tio

池のような天然の亜硫酸のたまり。

少しアップにするとこんなアングルに。

12. Papa Wera

パパ・ウエラ。

噴火口。

小さなものが点在している。

通行止めになっていて、
その時は、11.アルム岩壁はいけなかった。
(2020年1月時点)

再び、来た道を戻る。

こんな岩肌。

アップに見ると、
カピカピした感じの表面。

18. Te Waiariki o Aporo

WALK1に戻る手前。

WALK1

WALK1のシャンパンプールに戻って来た。

朝とは違い小さな気泡ができている。

フォーカスすると、
こんな感じ。

さらに見やすくすると。

日が昇り、
緑が鮮明になっていたり。

朝とは違う異なる印象。

まとめ

WAI-O-TAPU Thermal Wonderlandの記事でした。

ロトルアでどこに行こうかと迷ったときの参考になれば。。。

■合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。