エチオピア旅行記 〜 早朝の夜道デート?と朝日と。

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

エチオピア旅行記。
まさか、前日に予約していたプライベートバスが、
一方的な通知でキャンセルになるなんて。。。

いろいろ思案した結果、その日に知り合った親切な(!?)エチオピア人のアドバイスにそって、
ローカルバスを乗り継ぐことに決断。

彼には中継地点まで同行してくれるようにお願いし、
朝5時にホテルのレセプションで落ち合う約束をして別れる。

翌朝

やはり、どことなく不安があったのだと思うけれど、
睡眠は浅めで、うとうとしていたら、すぐに目覚ましの4時が訪れる。

乗り継ぎがうまくいくと7時間くらいでゴンダールに到着するらしい。

いずれにしても、これから長旅になるし、しっかり身支度をし、
早朝は高地のエチオピアは冷えるので、厚着をする。

AM5時数分まえに、

「トントン」

とノックする音。

ドアを開けると、やはり、気が早い彼だった。

学生くんといい、エチオピア人は待てないないんだなと思う。

用意はできていたので、彼と一緒に部屋をでる。

夜空

5時のラリベラの街並み。朝は、まだまだ先のようだ。

メインのストリートから数十メートル歩くと、街灯もなく真っ暗。

彼は早朝なのにテンションが高く、
「寝過ごしちゃいけないと思って、パッと起きてしまった3時から寝れないんだ」

と、ルンルンな感じで話している。

「ほら見てごらん、すぐ先の中継地点までだから、てぶらだろ?」
と大げさにジェスチャーで両手があいていることをアピール。

そういうことをあえて言うことが怪しんだけれども・・・

「そう祈りたい・・・」
と彼の言葉をそのまま受けとることにしておこう。

道が真っ暗で、舗装されていない凸凹な道が続く。

灯りがないので、手探りならぬ足探りで前進する。

隣の彼が「大丈夫か?」と、その都度手を握って、エスコートしてくれようとする。

しかし、

逆ギレされない程度に、それとなくそらす。

このまま放置されたら、流石に・・・。

道の途中、灯りが見えた。
巡礼の列が突如現れる。

すごい列が道を占拠する。

バスターミナル

30分ほど歩いて、舗装されていない道を歩いて、
バスターミナルに着いたらしい。

その横を通る車を彼が止める。

行き先を確認して、
「これに乗れ」という合図。

さすがだ。。。

ひとりだとこの真っ暗な中で、
行き先の車をなかなか特定できなかったと思う。

出発

普通のバンに乗り込む。

彼と二人で乗り込むとギュウギュウの車内。
必然と、彼と密着してしまうし、必要ないのに肩に腕を回してくるのを、
それとなくほどくという攻防が続く。

真っ暗な夜道。

走っていると、、、

いきなりの急ブレーキ。

目の前にヒモが・・・。

眠そうなおばさんが出てきて、ドライバーに通行料を要求している。

エチオピアの道路事情は不可思議だ。

夜明け

徐々に、外が白々と夜が明けてくる。

窓際ではないけれど、綺麗な地平線を窓を通して眺める。

穏やかな車内。。。

と、伝えたいけれど、

至るとるところでは、

このような悪路を通っての走行。

■関連記事

この先、どうなることやら?

まだラリベラから出発して2時間もたっていない。

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

バリキャリ・アラフォー女子。

一部上場企業に勤め、2度の駐在経験の後、いまはメーカーでいわゆる花形と言われる商品企画を担当しています。

昨日より、今日、今日より明日、そんな毎日を過ごしたいと思っています。

詳しいプロフィールはこちらから。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします