エチオピア旅行記 〜 エチオピア人とプレミアムリーグ・サッカー観戦

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

エチオピア旅行記、前回の記事で、なんとか行き先のめども見えたので、
街をぶらりとすることに。

■前回記事

夕日の街並み

明日のバスのことなどひととおり終えると、
街並みはすっかり家路につくひとの夕方の雰囲気に街は包まれていた。

お昼間は暇そうなトゥクトゥクが待機しているが、
夕方は流石に忙しく人を送り届けている。

生活臭がどことなく、心地がいい。

カフェ

初日に訪れたカフェを再び訪れて、ビールを飲もうとすると、

何か様子が違う。

サッカー観戦

昨日は、テーブルが普通に並べられていたのに、

テレビに向けてプラスチック製の椅子の簡易的な観客席が作られていた。

今夜は、プレミアムリーグの試合を観戦する仕様になるようだ。

少し不思議なのが、英語もままならないエチオピア人のはずなのに、
サッカーの試合の番組は、普通にブリティッシュイングリッシュで解説されている。

ちゃんと理解できているのだろうか?

試合がいよいよ開始。

最初はまばらだった人も、
その頃には、だいぶ埋まってきた。

隣のおじさん。
ガイドを普段しているそうだ。

無邪気な笑顔。
「サッカー終わったら、エチオピア料理食べに行こう!」と、
程よく酔っ払っていて、気さくである。

試合に食い入る、エチオピア人。
エチオピアの男性は、サッカーが好きみたいだ。

店先の写真。
サッカー仕様で、入り口にしっかりと布が貼られている。

メインロード

車の往来も日が暮れる前、忙しくしている。

バスに乗り降りする人たちは、すごい荷物を持っている。

何が入っているんだろう?

■関連記事

夕陽を見ながら、「長い一日だったなー」と、一日の終わりを感慨深く・・・。

その時は、その後に波乱が待っているとは思いも寄らず。。。

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。