書評「THE TEAM 5つの法則」麻野耕司氏著書 〜 チームマネジメントを体系的にとらえる

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

世の中管理職の方などが特にかと思いますが、「自分のチームのアウトプット」について考える方も多いのではないでしょうか?

そんな方に参考になる1冊の「The TEAM」

The TEAM

昨年、出版後の朝渋の講演で内容に興味をもち、このタイミングで手に取る。

その時の記事は、こちらから。

◼️朝渋 記事(2019年)

朝渋

5つの法則

こちらの本は、チームを率いる上でKEYとなる、5つのポイントからなる。

Aim(目標設定)
Boarding(人員選定)
Communication(意思疎通)
Decision(意思決定)
Engagement(共感創造)

いろいろ読みにくいのかな?と思い、読むのを先送りにしていたところもありますが、思った以上に読みやすい本でした。

「各法則の紹介 → 具体事例 → チェックリスト」と並んでいて、具体的事例だとAKBのことやオリンピックやW杯チームの取り組みを紹介されているので、すっと入りやすい構成です。

ご自身の部門だったり、プロジェクトのチームだったり、企業に属していると何らかなのチームでお仕事をされていると思いますので、ご自身のゴールに確実に、効率的に向かうための参考になる一冊かと思います。

改めて体系的に捉えてみると自分のチームマネジメントでできていなかった部分が見つかるはずです。

振り返りにもいいと思いますので、機会があれば、さらっと読んでみてください。

下記、朝渋の記事でEngagement(共感創造)の法則には触れているので、関心がある方は読んでみてください。
マッキンゼーやサイボウズと、注力する部分が違うと・・・、言われてみると当たり前のことに気づく講演でした。

◼️合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。