プロジェクトメンバーの送別|久々にリモートで合う若手たち

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

とある日、昨年まで新商品のプロモーションで一丸となっていた若手の異動の発令をみる。

「送別会があれば、ぜひ、参加したい」と本人に栄転のエールとともに伝える。

送別会

その意見を汲んでくれ、プロジェクトメンバーの送別会にお誘いをいただいた。

しかし、、、

あいにくその日は、研修の日とバッティング。。。

リモート参加

幸か不幸か、、、
今は研修もリモートでのZOOMでの実施。

ということは、自部門でやったことがあるように、リモートで参加できるのでは!?と。

その日の朝に打診してみる。

研修終了後に、元部下のLINEにコールして、リモート送別させてもらうことに。

研修後のディスカッションが長引き、10分ほど遅れての参加。

送別会も後半になっており、場の雰囲気はいい具合に出来上がっていた。

主賓との会話、現場への転勤で経験を積むことを応援していることを伝える。

メンバーたち

久々に会う、プロジェクトのメンバーたち。

一緒に数年かけて仕込んできた商品の発売が間際のものなど、
その他の戦略のプロセスの苦戦状況などなど。

過去に一緒に苦労もしつつ、同じ目標に向かって切磋琢磨してきたメンバーだからこその旧知の仲の空気。

10ヶ月前のことなのに、その日々の緊張感が懐かしい。

今と未来

毎日は、めまぐるしく通り過ぎるもの。

振り返ってから、その時の貴重な時間、経験。
その意味や価値は、わかるものなのかと。

そういう意味では、「あなたの今」は、かけがえない時間、1日だと言えるのではないでしょうか?

それをどのように意味付けるのも、今日のあなたのマインド次第かも知れません。

ほっこりしたものを胸に感じながら・・・。

■合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。