中途採用の活動が難航|八転び九起き?な気分

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

自分がマネジメントを担当してから、新たに着手する戦略構築要員を補充するためにスタートした中途採用活動

しかし、採用活動は、なかなかの難航。

数十名の書類選考、その後20名以上の自分が担当する1次面接、その後に部長の最終面接を潜り、やっと7月に内定者が1名出た。

けれども、条件面で受け入れられず、辞退に。

その後

その後も、面接を繰り返していると、「待ってました!」という、転職癖がついていなくて、かつベンチャー企業で経営企画を担当していて、フットワークも軽い人材と出会う。

部長にも認められて、再度「内定」を出せることに!!

結末

魅力ある人材で、他社の先行も最終まで進んでいるということだったので、競争率は高いことは理解していたけれど、内定を本人に通知したその日に、、、

なんと、

辞退

の連絡が入る。
想像できる現実ではあったけれど、期待が高かっただけに落胆も大きく。

八転び九起き

前回は七転八倒の気分だったけれど、今回は流石にショックが大きい、、、
けれど、八転び九起きと気分を切り替えて、空を見上げて、新しい道を模索していこうと思う。

コロナの業績悪化で、上期中に採用しないと採用が凍結になるわけで・・・。

■合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。