【青春18きっぷ|東北】山形→大曲→田沢湖のぶらり旅|行き先を決めないで行けるのが18きっぷの醍醐味

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

コロナで海外に行けない夏休みの国内の旅。
飛行機でガチガチに予定を組まないで、その日を気分や宿の予約状況で行き先を決めれるのが青春18きっぷの良さで、今回も・・・。

前の日に東京から山形まで移動したのはこちらの記事で。

JR奥羽本線

山形駅から新庄行きに乗る。

車内は普通の在来線の雰囲気。

1時間15分ほど揺られて新庄に到着。

山形からさらにのどかな空気の流れ。

こちらは新幹線も同じ改札の中に。

天狗が有名なようで、

天狗のかかしまで。

秋田行きの電車まで1時間半ほどあるので、改札を出る。

そして新庄駅近辺を散策。
1時間時間を潰すところもないので、結局駅に隣接してる「もがみ物産館」の前にあるテーブルで時を過ごす。

意外に早く秋田行きの列車はホームに到着したようで、

こちらの秋田行きに乗車。

乗客も少なくなってきた車内。

車窓からは田んぼに癒される。

焼きそばで有名な「横手」に立ち寄る。
(正確にはひとつ手前の柳田駅です。)

横手焼きそば四天王のひとつの「藤春食堂」の記事はこちらになります。

再び、柳田駅から秋田行きの列車に乗る。

そして、大曲駅に無事到着

こちらの車両は秋田へ。
本来の目的地は秋田だったけれど・・・。

再訪したかったこちらのお店が閉まっている可能性が高かったので、行き先を変更。

JR田沢湖線

田沢湖線に乗り換え、

行き先は田沢湖へ。
ちょうど昨年田沢湖に紅葉に出かけた人がいいところだと言っていたのが脳裏をよぎり・・・。

大曲駅で田沢湖のホテルも予約完了。
1時間弱で無事に田沢湖に到着しました。

田沢湖から折り返しの列車に。
(この時はまだ田沢湖から脱出するのが、一苦労だとは知るよしもなく・・・。)

降り立った田沢湖は、今度は龍のようで、

田沢湖が深水日本一の湖であったことも、この日まで知らなかった。

こちらが田沢湖駅の様子。

本当に駅の周り、そしてホテル・宿の周辺はほとんどないので、この記事などをご参考までに。

田沢湖からの行き先は、また別の記事に。

https://e3lia.com/archives/25949

■合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。